ここから本文です

大島優子、真田十勇士との撮影少なく「ちょっと寂しい」とボヤく

クランクイン! 8月29日(月)19時21分配信

 映画『真田十勇士』のレッドカーペットイベントが29日、新宿で実施され、キャストの中村勘九郎、松坂桃李、大島優子らが登壇。メインキャストの中で紅一点の大島は、男性キャストが演じた十勇士と撮影があまり重ならなかったことを明かし、「寂しかった」と悔しそうに語った。

【関連】豪華キャスト登場!『真田十勇士』イベントフォトギャラリー


 本作は、稀代の名将と言われる真田幸村が、実は臆病者だった、という斬新な設定に基づき製作された、堤幸彦監督による同名舞台の映画版。劇中では、真田幸村に仕える十勇士の活躍が描かれる。十勇士の一員である霧隠才蔵に恋する忍者・火垂に扮し、男性キャストに囲まれることとなった大島は、「今日はスーツ姿の十勇士を見て、ほれぼれするくらいかっこいいと思ったんですが、劇中で甲冑や忍者の姿で戦う男の生き様を胸に焼き付けられました」とにっこり。

 ただ、十勇士全員と撮影が重なることは少なかったそう。「みんな、学校の男子の部活みたいなんですよね。本当に仲が良くて、わいわいしていたんだろうなと思っていたので、私はちょっと寂しいです。仲間に入れていないんですよ。十勇士の中でも、五勇士くらいとしかご一緒になっていないので、あとの勇士とは対面していなかったんです」と悔やしそうに撮影を振り返る。

 当日は、キャストの中村、松坂、大島のほか、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也、舞台版に続いてメガホンを取った堤幸彦監督も登壇。一同は新宿のど真ん中に敷かれたレッドカーペットを歩いて登場。劇中のように馬に乗って現れた加藤雅也は、「いいですね。みなさん、やってみるといいかもしれません」と馬上からの景色に満足げな表情を見せていた。
 
 『真田十勇士』は9月22日より全国公開。

最終更新:8月29日(月)20時1分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。