ここから本文です

テア・シュテーゲン、GKのパス本数でリーガ記録更新 成功率も8割超え

SOCCER KING 8月29日(月)12時32分配信

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節のアスレティック・ビルバオ戦でリーグ記録を更新したようだ。同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 同紙によると、テア・シュテーゲンは同試合で46本のパスを成功。足元の技術に定評があった同選手だが、今シーズン初出場のリーグ戦でいきなり記録を更新した。

 2005-06シーズン以降のリーガ・エスパニョーラの記録では、GKのパス本数46というのは最高記録。パス54本中46本に成功し、85パーセントと成功率でも高い数値を残した。

 同試合で1-0と完封勝利に貢献したテア・シュテーゲン。試合後、「後ろから短いパスでボールを扱うのはいつも難しい。でも、今夜は非常にうまくできたよ」とコメントし、自身のプレーに満足感を示した。

 また、「ここで勝つことができて嬉しい。負傷明けの初めての試合だったけど、ひざの状態にも自信があるよ」と、左ひざの負傷からの復帰戦での勝利を喜んだ。

SOCCER KING

最終更新:8月29日(月)12時35分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]