ここから本文です

岡崎にライバル出現? レスター、昨季27得点のFWスリマニに再接触か

SOCCER KING 8月29日(月)17時10分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、スポルティングに所属するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニの獲得に動いているようだ。28日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同メディアによると、レスターはスリマニ獲得に向けてスポルティングと交渉を進めている模様。スポルティング側が要求する3400万ポンド(約45億6000万円)を支払う意向があるようで、クラブ記録となる移籍金となる可能性がある。

 今年6月にも同選手に接触したと報じられていたレスター。その時は高額な移籍金を要求されたために獲得を断念したが、今回は応じる構えがあるようだ。

 スリマニは1988年生まれの27歳。2013年からスポルティングに所属し、昨シーズンのプリメイラ・リーガでは33試合に出場して得点ランキング2位の27ゴールを記録した。

 プレミアリーグ第3節を終えて1勝1敗1分けのレスター。同選手が加入となれば得点力アップが期待されるが、岡崎にとっては強力なライバルとなることは間違いない。
 

SOCCER KING

最終更新:8月29日(月)17時10分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。