ここから本文です

横浜FMユースが5発大勝、総体王者の市立船橋は首位キープ/高円宮杯プレミアリーグEAST第10節

SOCCER KING 8月29日(月)17時0分配信

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEAST第10節が27、28日に各地で行われた。

 横浜F・マリノスユースと柏レイソルU-18の一戦は、1-1で折り返した後半に横浜FMユースの攻撃陣が爆発する。58分に渡辺力樹、63分に山田康太のゴールで突き放すと、その後は藤田一途と椿直起が得点をマーク。5-1で大勝した横浜FMユースが5位に浮上した。

 第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)決勝の再戦となった清水エスパルスユースとFC東京U-18の一戦は、生地慶充の1点を守り切ったFC東京U-18が1-0で勝利。

 平成28年度全国高校総体サッカー競技大会(インターハイ)優勝の市立船橋高校は、2-1でアルビレックス新潟U-18に競り勝った。そのほか、首位を追う2位青森山田は、流通経済大学付属柏高校に2-0の完封勝利。大宮アルディージャユースは鹿島アントラーズユースを2-1で下し、勝ち点16で4位につけている。

 プレミアリーグEAST第10節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグEAST第10節
新潟U-18 1-2 市立船橋
清水ユース 0-1 FC東京U-18
青森山田 2-0 流経大柏
鹿島ユース 1-2 大宮ユース
横浜FMユース 5-1 柏U-18

■プレミアリーグEAST第10節順位表
1位 市立船橋(勝点21/得失点差8)
2位 青森山田(勝点20/得失点差10)
3位 FC東京U-18(勝点19/得失点差10)
4位 大宮ユース(勝点16/得失点差-4)
5位 横浜FMユース(勝点15/得失点差5)
6位 清水ユース(勝点14/得失点差-2)
7位 柏U-18(勝点13/得失点差0)
8位 鹿島ユース(勝点10/得失点差-3)
9位 新潟U-18(勝点7/得失点差-14)
10位 流経大柏(勝点4/得失点差-10)

SOCCER KING

最終更新:8月29日(月)17時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報