ここから本文です

清武が2戦連続先発も…セビージャ、打ち合いの開幕戦から一転 不完全燃焼のスコアレス

ゲキサカ 8/29(月) 7:10配信

[8.28 リーガ・エスパニョーラ第2節 ビジャレアル 0-0 セビージャ]

 リーガ・エスパニョーラ第2節3日目が28日に行われ、MF清武弘嗣の所属するセビージャがビジャレアルのホームに乗り込み、0-0で引き分けた。2試合連続先発出場を果たした清武は後半16分にピッチを後にした。

 前節エスパニョールとの開幕戦で6-4と打ち合いを制して白星スタートを切ったセビージャだが、この日はビジャレアルの集中した守備に遭ってなかなかシュートまで持ち込む場面を創出できない。前半8分にはMFロベルト・ソリアーノに高い位置でボールを奪われ、ミドルレンジからゴールを脅かされたがGKセルヒオ・リコが弾き出して難を逃れた。

 その後も攻撃のリズムを生み出せないセビージャ。清武もボールを呼び込んで攻撃に変化をもたらそうと試みるが、パスミスからカウンターを浴びる場面を作られるなど効果的な働きができない。ビジャレアルの守備に苦しめられたセビージャは決定機を創出できないまま、前半をスコアレスで折り返すことになった。

 0-0のまま後半に入ると、後半11分には高い位置でボールを奪ったビジャレアルが好機を迎えるが、MFサントス・ボッレの低い弾道のシュートはS・リコがストップ。さらに同15分には縦パスに反応したMFマヌエル・トリゲロスが鮮やかなコントロールからゴールを脅かしたものの、好反応を見せたS・リコが触れたボールはクロスバーを叩いて先制点は生まれない。

 すると後半16分にはセビージャベンチが動き、清武に代えてFWペン・イェデルがピッチへと送り込まれた。しかし、その後もセビージャはチャンスらしいチャンスを作れず、0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

最終更新:8/29(月) 7:10

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。