ここから本文です

「楽勝でもおかしくなかった」長友欠場インテル、初勝利お預け指揮官は首かしげる

ゲキサカ 8/29(月) 9:06配信

[8.27 セリエA第2節 インテル1-1パレルモ]

 セリエAは28日に第2節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでパレルモと対戦し、1-1で引き分けた。長友は右ふくらはぎの負傷のため欠場した。

 開幕戦を0-2で落としたインテル。フランク・デ・ブール監督の初勝利はお預けとなった。後半3分にDFアンドレア・リスポリのシュートがDFサントンに当たってコースが変わるという不運な形で先制を許すと、同27分にMFアントニオ・カンドレーバのクロスをFWマウロ・イカルディが頭で合わせて同点に追いつくが、逆転弾を奪うことは出来なかった。

 公式サイトによると、試合を振り返った指揮官は「後半のプレーなら4-1で楽勝していてもおかしくなかった。本当にがっかりしている」と首をかしげるも、「仕事はたくさんある。中断期間でベストな状態を作るために、多くのことに集中する必要がある」とチーム再建を誓った。

 同点弾を奪ったイカルディも「勝たなければ意味がない」と声を落とす。いまだ飛び交う移籍話については、「常に言ってきたように、僕はこのスタジアムと、このファンと一緒にいたいんだ」と改めて残留を強調した。

最終更新:8/29(月) 9:06

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合