ここから本文です

18歳FWラッシュフォード、約267万円の腕時計を盗まれる…

ゲキサカ 8月29日(月)13時44分配信

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWマーカス・ラッシュフォードにとって、この一週間は慌しいものとなってしまったようだ。英『メトロ』によると、今季初得点を挙げたハル・シティ戦の翌日に2万ポンド(約267万円)の『ロレックス』を何者かに盗まれたという。

 ラッシュフォードは、今月27日に行われたハル・シティ戦で、途中出場で今季初めてピッチへ立つと決勝点を挙げる活躍をみせた。絶好調の18歳だったが、その後に“悲劇”に見舞われていた。

 家族とともにマンチェスター・トランポリング・センターのジャンプ・ネーションセンターで楽しんでいたラッシュフォード。身に着けていた高級腕時計は貴重品として預けていたが、帰り際に受け取るのを忘れて帰宅してしまったという。

 翌日に同センターへ腕時計を取りに戻ったが、既に家族を名乗る何者かに奪われた後だった。警察へ通報し、ある男が逮捕されたもののすぐに釈放となったという。同紙によると、グレーター・マンチェスター警察のスポークスマンは「現在も捜査中」と説明している。

最終更新:8月29日(月)13時44分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。