ここから本文です

これぞバルサ守護神の真骨頂! テア・シュテーゲン、パス46本成功でGKのリーガ記録更新

ゲキサカ 8月29日(月)15時25分配信

 バルセロナは28日、リーガ・エスパニョーラ第2節でビルバオとアウェーで対戦し、1-0の勝利を収めた。スペイン『アス』によると、この試合でGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがGKのリーガ記録を塗り替えたようだ。

 前半21分にMFイバン・ラキティッチが奪ったゴールを守り切り、1-0の完封勝利を飾ったバルセロナ。テア・シュテーゲンは好セーブで無失点に貢献したが、攻撃面でもチームの勝利に寄与していたことがデータで証明された。

 同紙によると、テア・シュテーゲンはビルバオ戦でパスを54本送り、そのうち46本を成功。これはGKとして、2005-06シーズン以降のリーガ記録で最も多い成功本数だったという。パス成功率も85%と高い数値を記録した。

 ローテーション起用となっていたGKクラウディオ・ブラーボが25日にマンチェスター・シティへ完全移籍し、ライバルが去ったあと初のゲームに臨んだテア・シュテーゲン。試合後には「後ろからショートパスを出すのは常に困難なことだが、今夜はうまくいったよ」と自身の出来に手応えを示した。

最終更新:8月29日(月)16時54分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]