ここから本文です

2部アストン・ビラのレスコット、2年契約でAEKアテネへ完全移籍

ゲキサカ 8月29日(月)20時45分配信

 AEKアテネは29日、チャンピオンシップ(2部相当)のアストン・ビラに所属する元イングランド代表DFジョリーン・レスコット(34)を2年契約で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 ウォルバーハンプトンの下部組織出身のレスコットは2000年に17歳でトップチームデビュー。06年のエバートン移籍を経て、09年にマンチェスター・シティに加入した。その後、14年にWBAへと渡り、15年夏にアストン・ビラへ移籍。しかし、加入1年目にチームは低迷し、92年のプレミアリーグ創設後初の降格となっていた。

 レスコットはこれまでプレミアで286試合に出場して23得点。イングランド代表としては23試合に出場し、1得点を記録している。

最終更新:8月29日(月)20時52分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。