ここから本文です

ベンゲル監督、新加入ジャカの特徴を元フランス代表MFで例える

ゲキサカ 8月29日(月)22時35分配信

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、今夏加入したスイス代表MFグラニト・ジャカが元フランス代表エマニュエル・プティ氏に似た選手だと話している。英『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 ジャカは今夏、ボルシアMGから3400万ポンド(約45億円)でアーセナルに完全移籍。開幕戦のリバプール戦(3-4)で後半22分に途中投入され、プレミアリーグデビューを飾ると、続く第2節のレスター・シティ戦(0-0)で初先発を果たした。第3節ワトフォード戦(3-1)では加入後初となる先発フル出場で、チームの今季初白星に貢献。新天地で上々のスタートを切っている。

 同紙によると、ベンゲル監督はジャカのプレーぶりを高く評価。また、彼のスタイルに関して、プティ氏に似たところがあると考えているようだ。

「(ジャカは)昨年12月の時点で獲得しようとしていた。彼には素晴らしいエンジンが備わっているし、長身でヘディングも上手い。試合のバランスを取ることができ、ショートパスやロングパスも正確だ」

「24歳という年齢ながら、ボルシアMGでキャプテンを務めていた。ボルシアMGは決して小さなクラブではない。つまり彼にはリーダーとしての素質が備わっているんだ」

「彼は自然とボールの後ろでプレーしている。サッカースタイルとしては、少しプティに似ているところがあるね。どっしりと構えて、良いロングボールを送る。センターバックの選手たちとも良い連携が取れている」

 プティ氏はかつてアーセナルなどでプレーし、自国開催の98年W杯ではフランス代表として優勝に貢献したMF。ベンゲル監督は高いパフォーマンスを見せるジャカに、かつての教え子でもある中盤の名手の姿を重ねているようだ。

最終更新:8月29日(月)22時41分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。