ここから本文です

ベンゲル監督、新加入ジャカの特徴を元フランス代表MFで例える

ゲキサカ 8/29(月) 22:35配信

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、今夏加入したスイス代表MFグラニト・ジャカが元フランス代表エマニュエル・プティ氏に似た選手だと話している。英『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 ジャカは今夏、ボルシアMGから3400万ポンド(約45億円)でアーセナルに完全移籍。開幕戦のリバプール戦(3-4)で後半22分に途中投入され、プレミアリーグデビューを飾ると、続く第2節のレスター・シティ戦(0-0)で初先発を果たした。第3節ワトフォード戦(3-1)では加入後初となる先発フル出場で、チームの今季初白星に貢献。新天地で上々のスタートを切っている。

 同紙によると、ベンゲル監督はジャカのプレーぶりを高く評価。また、彼のスタイルに関して、プティ氏に似たところがあると考えているようだ。

「(ジャカは)昨年12月の時点で獲得しようとしていた。彼には素晴らしいエンジンが備わっているし、長身でヘディングも上手い。試合のバランスを取ることができ、ショートパスやロングパスも正確だ」

「24歳という年齢ながら、ボルシアMGでキャプテンを務めていた。ボルシアMGは決して小さなクラブではない。つまり彼にはリーダーとしての素質が備わっているんだ」

「彼は自然とボールの後ろでプレーしている。サッカースタイルとしては、少しプティに似ているところがあるね。どっしりと構えて、良いロングボールを送る。センターバックの選手たちとも良い連携が取れている」

 プティ氏はかつてアーセナルなどでプレーし、自国開催の98年W杯ではフランス代表として優勝に貢献したMF。ベンゲル監督は高いパフォーマンスを見せるジャカに、かつての教え子でもある中盤の名手の姿を重ねているようだ。

最終更新:8/29(月) 22:41

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。