ここから本文です

トヨタ「ランドクルーザー/ランドクルーザープラド」トヨタ店創立70周年特別仕様車を発売

オートックワン 8月29日(月)15時44分配信

トヨタは、トヨタ店創立70周年を記念し、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドに特別仕様車“G-FRONTIER”を設定し、トヨタ店を通じて8月29日より発売した。

このニュースのフォトギャラリー

価格(消費税込)は、ランドクルーザー特別仕様車が723万6000円、ランドクルーザープラド特別仕様車が403万7040~477万5760円。

ランドクルーザーはBJシリーズとして1951年に誕生以来、あらゆる国・地域を、あらゆるシーンで、走りぬき、鍛えぬいてきた。また、その強靭な足回りとボディであるがゆえに、「どんなことがあっても、必ず帰ってくることができるクルマ」といわれるほど、世界中のユーザーに認められてきた。

今回の特別仕様車は、グローバルで活躍するランドクルーザーシリーズに、それぞれ、本物感、限定感、特別感を付与した意匠・装備を採用している。

ランドクルーザーシリーズ特別仕様車“G-FRONTIER”

プレミアムナッパ本革シート(ランドクルーザー特別仕様車)

傷の少ない良質の原皮を使用し、塗装の膜を薄くし丁寧になめすことにより、皮本来の柔軟性、風合いを引出している。また、キルティング加工の後にパーフォレーション加工を施すことで、美しい表皮を実現

レッドウッド本革シート(ランドクルーザープラド特別仕様車)

ロシアや中近東で採用されている本革シートのカラーであるレッドウッドにステッチを施している

最終更新:8月29日(月)15時44分

オートックワン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。