ここから本文です

農業王の28歳の息子、デジタル音楽の道へ-パーム油の家業は継がず

Bloomberg 8月29日(月)7時3分配信

クオック・メン・ルー氏は子供のころ、資産家の父親と一緒に過ごす時間があまりなかった。

農業王の3人目の子供として生まれた同氏は10歳の時に英国の寄宿制学校に入学。その後、ケンブリッジ大学で数学の学位を取得した。

父親のクオック・クーン・ホン氏は1991年シンガポールで創業したウィルマー・インターナショナルをパーム油事業で世界有数の企業に成長させたが、その間多忙を極めた。母親は息子に「多くを与えられており、期待も大きい」と絶えず言い聞かせていたという。

だが息子にエリック・クラプトンの音楽を教えたのも父親だった。それをきっかけにB.B.キングに夢中になり、ブルースギターのとりこになった。

「B.B.キングとは個人的なつながりがあるように常に感じていた」とクオック・メン・ルー氏は振り返る。

シンガポールを現在拠点とするクオック・メン・ルー氏が家業ではなく音楽業界に進んだのは驚きではない。同氏(28)とパートナーのスティーブ・スキリングス氏は、起業したバンドラブについて、クラウドを基盤とする世界的なコミュニティーに育て、人々が音楽を創造したり、共有したりできる場にしたいと考えている。

バンドラブには父親のほか、オーディオミキサーメーカーのジャムハブを含む投資家グループが出資している。クオック・メン・ルー氏はバンドラブが集める投資額についてコメントを控えたが、2019年までに十分な資金が確保できる見通しだと述べた。人員も現在の倍の約100人に増える可能性が高いという。

バンドラブのアプローチは、写真共有サービスとして人気のあるインスタグラムに似ている。

大半がソフトウエア開発者である約40人が勤務するバンドラブのオフィスでインタビューに応じたクオック・メン・ルー氏は、インスタグラムのような「簡便さを音楽を創造する人々に届けたい」と語った。

原題:Billionaire’s 28-Year-Old Son Picks Digital Music Empire Over Palm-Oil Riches(抜粋)

Yoolim Lee

最終更新:8月29日(月)7時3分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]