ここから本文です

マイラン、「エピペン」後発品発売へ-価格600ドルへの強い反発受け

Bloomberg 8月29日(月)21時15分配信

米医薬品メーカーのマイランは急性アレルギー反応の応急措置に使われる自己注射薬「エピペン」について、ジェネリック(後発医薬品)版を発売する。600ドルという価格設定が強い反発を引き起こしたことを受け、約半分の価格で数週間内に発売するという。

29日の同社発表によると、後発版は機器の機能も薬品の処方も先発版と同じで、2パック入りのカートンの価格が300ドルになる。先発版の販売も継続する。

マイランは2007年には1パック57ドルだったエピペンを、2パック入りで約600ドルに値上げしたことで非難を浴びた。同社は先週、患者負担コストを軽減する計画を打ち出したが、米議員らはなお不十分との見解を示していた。

原題:Mylan to Sell Generic EpiPen to Quell Outcry Over $600 Cost (1)(抜粋)

Marthe Fourcade

最終更新:8月29日(月)21時15分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]