ここから本文です

インテル、3D NANDを使用したSSDを発表--PC、データセンター、IoTでの使用を想定

CNET Japan 8月29日(月)11時18分配信

 Intelが米国時間8月25日、3D NANDテクノロジを利用する新しいSSDを発表した。

 「SSD 600p」シリーズは消費者向けのデスクトップおよびノートPC、「SSD Pro 6000p」シリーズは企業向けのデスクトップおよびノートPCを対象に設計されている。Intelによると、どちらもPCIeを利用して、従来のHDDの17倍のパフォーマンス、SATA接続のSSDの3倍の速度を提供するという。いずれのシリーズも、128Gバイト、256Gバイト、512Gバイト、1024Gバイトのモデルを用意する。

 データセンター向けのSSDは、「SSD DC P3520」シリーズと「SSD DC S3520」シリーズで構成される。Intelによると、DC P3520はクラウドコンピューティングサービスに最適で、最大1700MB/秒のシーケンシャル読み取り速度を提供するという。容量は2.5インチのフォームファクタで450Gバイト~2テラバイト、ハーフハイト/ハーフレングス(HHHL)アドインカード規格で1.2テラバイトまたは2テラバイトを用意する。一方、DC S3520はPCIeではなくSATAインターフェースを採用している。同社によると、企業向けSATA HDDからの移行に最適だという。容量は150Gバイト~1.6テラバイトのさまざまなモデルが用意されるが、シーケンシャル読み取り速度は最大で450MB/秒だ。

 最後に、主要な収益源であるPCへの依存を軽減する取り組みの一環として、Intelはモノのインターネット(IoT)端末向けに2種類のSSDシリーズを発表した。その名の通り、「SSD E 6000p」シリーズは企業PC向けのPro 6000pによく似ているが、容量は128Gバイトと256Gバイトの2種類のみで、デジタルサイネージやPOSシステムなどのIoTアプリケーションでの使用を想定している。「SSD E 5420s」はDC S3520と同様、SATAインターフェースを使用する新しい3D NANDドライブシリーズで、240Gバイトの2.5インチドライブと150GバイトのM.2 SSDを用意する(240Gバイトモデルは150Gバイトモデルの2倍近い速度を提供する)。E 6000pシリーズのSSDはAES 256ビットの自己暗号化機能を搭載しており、ATMなどでの使用に向いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:8月29日(月)11時22分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]