ここから本文です

恐竜博物館を貸しきって恐竜前式!? 異色のプラン〈ダイノ・ウェディング〉/福井

Webマガジン コロカル 8/29(月) 12:06配信

コロカルニュースvol.1831

日本の恐竜化石発掘のほぼ大半を占めるという、福井県勝山市。この地に2000年にオープンした〈福井県立恐竜博物館〉は、国内最大級の地質・古生物学博物館。30体以上の恐竜の骨格をはじめ、千数百点もの標本、大型復元ジオラマなどを有する、恐竜好きにはたまらないスポットです。

【写真ギャラリーで見る】恐竜博物館を貸しきって恐竜前式!? 異色の挙式プラン〈ダイノ・ウェディング〉とは

このたび、株式会社東急ハンズと恐竜博物館のコラボレーションにより、この恐竜博物館を貸しきって、なんと挙式・披露宴を行うことができるウェディングプラン〈ダイノ・ウェディング〉が登場!

お値段は350万円(税抜)、挙式日は2016年11月24日(木)のみ。福井県内1組、県外1組の2組限定での販売で、ただいま公式ウェブサイトにて募集を行っています。

コンセプトは、『地球46億年の軌跡を辿る恐竜博物館で、不滅のパワーを持つ恐竜たちに囲まれて、73億分の2の奇跡となる「不滅の愛」を誓おう』という壮大なもの。

常設展示室を使ったヴァージンロードや、恐竜骨格の前で愛を誓う人前式ならぬ“恐竜前式”など、恐竜博物館の世界観を余すところなく活かす演出が行われるのだそう。オプションとして、福井県特産品を使用した引出物・記念品などのご用意もあります。一生の思い出に残る特別な日になりそうですね。

常設展示室を使っての挙式のあとは、館内レストランの〈ディノ〉にてパーティがスタート。楽しみなお食事は福井県出身のシェフ、秋元さくらさんが福井の食材をつかった婚礼膳を用意。越前漆器のお重に盛り付けてサーブします。恐竜のフォルムをした自家製パンや、越前ガニを使用したなども提供されるのだそう。

東急ハンズとのコラボレーションのきっかけは、福井県立恐竜博物館のミュージアムショップのリニューアルおよびオリジナルグッズの企画を、東急ハンズが手がけたことから。

〈ダイノ・ウェディング〉の詳細・お申し込みは福井県立恐竜博物館ウェディングサービス公式サイトにて。不滅のパワーを持つ恐竜たちに囲まれて、不滅の愛を誓ってみては!?

information
福井県立恐竜博物館
住所:福井県勝山市村岡町寺尾51-11


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8/29(月) 12:06

Webマガジン コロカル

なぜ今? 首相主導の働き方改革