ここから本文です

フェラーリとフェルスタッペンのオンボードカメラによる接触シーンとそれぞれの言い分/F1ベルギーGP決勝レース

TopNews 8月30日(火)12時6分配信

F1ベルギーGP決勝レースの1コーナーで3人が接触した。その3人とは、2番手争いをしていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)だ。

■ベッテルの視点

予選3番手のライコネンと予選4番手のベッテルは良いスタートを決めて真っ直ぐ1コーナーへ。最もアウト側のベッテルはイン側のライコネンのために1台分のスペースを残してターンイン。トップのロズベルグを追うために加速を意識したライン取りだった。

■ライコネンの視点

結果的に両サイドから挟まれる形になったライコネンは、ベッテルが切り込んできた時にはステアリングを右いっぱいまで切っているのがわかる。これ以上避けようがない。そしてそのイン側にはライコネン自身以外のスペースは空いていない。いや、ぐるっと回り込む1コーナーの特性上、ライコネンのイン側からはぶつからずにコーナーを回ることは難しいだろう。

■フェルスタッペンの視点

予選2番手でアウト側からのスタートだったフェルスタッペンは、スタートで出遅れて2台のフェラーリに先を行かれると一気にイン側に動く。右にはウォール、左にはライコネンがいた。フェルスタッペンはブレーキングでなんとか挽回しようとしたが、ポジション的に被せられたら厳しい位置取りだ。

■イン側は死角に入っていた

フェルスタッペンのオンボードカメラ映像を見てもわかるように、3台が0.5台分ずつずれた状態で1コーナーへ飛び込んでおり、フェルスタッペン以外の2人からは右側は完全に死角に入っていた。

■チャンピオンになるには結果を残す事も大事

それぞれの言い分はあるが、最も後ろにいたフェルスタッペンは明らかに前に出てない以上、コーナーでの優先権はない。結果的にチームメートのダニエル・リカルド(レッドブル)が2位表彰台を獲得しているのだから、スタートで出遅れたフェルスタッペンは、ここは少し引いて別のコーナーで勝負を仕掛けても十分な戦闘力はあったはずだ。1戦1戦の速さも必要だが、チャンピオンになるには年間通しての安定した速さと強さも必要だ。

最終更新:8月30日(火)12時6分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。