ここから本文です

【ボクシング】河野公平、4度目の防衛戦へ「リーチ差を活かして戦う」

イーファイト 8月30日(火)14時14分配信

 8月31日(水)東京・大田区総合体育館で開催されるボクシング・ダブル世界戦の調印式&前日計量が、30日(火)都内にて行われた。

【フォト】報道陣の前でも陽気なコンセプション

 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチに臨む王者・河野公平(35=ワタナベ)はリミットちょうどの52.1kg、挑戦者の同級暫定王者ルイス・コンセプション(30=パナマ)は52.0kgで、ともに計量をクリアーした。

 計量に先立ち行われた調印式では、両選手ともにリラックスした様子で試合に向けた意気込みを話した。世界的にも名のある強打者との一戦を前に、河野は「いつも以上に気合いを入れて練習しました。明日が楽しみです。しっかりと力を出し切ります」と、4度目の王座防衛に向けて闘志を燃やす。

 対するコンセプションは「グレートでスペクタクルな試合をやりたいと思い、練習に励んできました。明日、神が許して下さるなら、正規チャンピオンのベルトを持って帰りたいと思います」と言葉に熱を込めた。グローブチェックの際には自分のグローブだけではなく、河野が着用するグローブもトレーナーらと共に入念に確認していたが、「同じコンディションで戦いたいのでこれは普通のこと」と言う。

 29日(月)に行われた予備検診では、河野が身長では9・9cm、リーチでは11cm、コンセプションを上回っていることが確認された。河野は「リーチ差を(試合で)活かせるような練習をしてきました。すべては明日分かります。楽しみにしていて下さい」と体格差を活かした戦いに自信を見せた。一方のコンセプションは「体格差はメリットにならないと思います。これまでも自分より大きな相手をKOしてきました」と応じた。

最終更新:8月30日(火)14時32分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]