ここから本文です

小島よしお、「よしおのうた」リリースイベント開催 子ども達と一緒にうたやダンス、クイズ大会も

リアルライブ 8/30(火) 9:55配信

 今や幼児や小学生たちからカリスマ的な人気を誇り、「コジマリオネット」のネタでブレイク中の小島よしおが、8月29日に千葉・ららぽーとTOKYO-BAYにて小島よしお初のキッズアルバム『よしおのうた』のリリースイベントが開催された。

 7月20日に発売された小島よしお初のキッズアルバム『よしおのうた』は、「R-1ぐらんぷり2016」で準優勝を果たした話題の「コジマリオネット」や「ごぼうのうた」「ピーマンのうた」、そして「そんなの関係ねえ」までも収録した、子供たちが歌って踊れる楽曲を集めたDVD付きCDアルバム。

 たくさんの子どもたちが集まった会場で小島は、「よしおの一万尺」のBGMに合わせて大人気の「コジマリオネット」の姿で会場に登場。歓声や笑い声が飛び交う中、『よしおのうた』に収録される「コジマリオネット」「ごぼうのうた」「ピーマンのうた」の3曲を全てマリオネットと共に曲を披露した。

 野菜ソング「ごぼうのうた」では、マリオネットの姿でごぼうダンスを踊る小島に集まったファンは大興奮、会場全体が「ゴーゴーゴーゴーゴーゴーごぼう!」とサビのごぼうコールに包まれるほどの大合唱に。曲が終わると小島は、「みんな良いごぼう出してました!」と満足そうな表情をした。「ピーマンのうた」の披露が終わると小島は「ピーマンね、嫌いな子もいるとは思うけど、ピーマンを見たらこの歌を思い出してね、いっぱい食べてくださいね」と子どもたちにメッセージを贈った。

 イベントでは小島が「南船橋」を「みなみはなばし」と言い間違えた際には子どもたちから鋭い突っ込みを入れられるなど、終始和気あいあいとした雰囲気。終盤に披露した小島よしおの代表ネタである「そんなの関係ねぇ」では、中央広場は「そんなの関係ねぇ」コールに包まれ、子どもたちとのクイズ大会や写真撮影会を通して子どもたちと触れ合う機会も多く、大盛況の中リリースイベントは終了した。

最終更新:8/30(火) 9:55

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]