ここから本文です

海外在住者が選ぶ「最も住みやすい場所」、台湾がトップに

中央社フォーカス台湾 8月30日(火)12時51分配信

(ワシントン 30日 中央社)海外在住者用オンラインコミュニティー「インターネーションズ」が29日発表した、世界の住みやすい国・都市のランキングで、台湾が67の国・地域中、1位に選ばれた。

調査はインターネットを通じ、海外在住者を対象に今年2月18日から3月13日までの期間で実施。1万4272人が回答した。回答者の居住地は191の国・地域におよぶ。ランキングは、生活の質、暮らしのなじみやすさ、個人財源、仕事、家庭生活などの評価を総合して決定された。

調査結果によると、台湾は生活の質と個人財源の2項目でトップを獲得。評価が最も低かったのは暮らしのなじみやすさ(10位)だった。

2位から5位までは順にマルタ、エクアドル、メキシコ、ニュージーランド。東アジア地域では27位に韓国、29位に日本、44位に香港、48位に中国大陸が選ばれた。

(廖漢原/編集:名切千絵)

最終更新:8月30日(火)12時51分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。