ここから本文です

シャルケ、サネの代役はセビージャの背番号10? コノプリャンカ獲得オファーか

GOAL 8月30日(火)9時1分配信

セビージャMFイェフヘン・コノプリャンカに、シャルケ移籍の可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』によると、日本代表DF内田篤人が所属するクラブは、セビージャからウクライナ代表MFの獲得を図っているという。

ホルヘ・サンパオリ監督の下で出場機会が減りつつあるコノプリャンカは、わずか1年で退団することになるかもしれない。MF清武弘嗣の加入も影響して出番が減った同選手は、先日移籍の可能性を示唆。ホセ・カストロ会長も「オファーがあれば、我々は検討する」と、コメントを残していたところだ。

この状況を受けて、シャルケが動き出した模様。マンチェスター・シティにドイツ代表MFリロイ・サネを放出したクラブは、その代役にコノプリャンカを据えるべく、オファーを準備しているようだ。

『ビルト』によれば、セビージャは2019年までの契約があるコノプリャンカに1500万ユーロ程度の値札をつけている。サネの売却で5500万ユーロとされる大金を得たシャルケは、この夏の移籍市場でセビージャからDFコケに続くもう1人の選手を引き入れることになるのだろうか。

GOAL

最終更新:8月30日(火)9時1分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]