ここから本文です

24時間テレビ「噂の裏番組」が再放送 NHK「バリバラ」見逃し組が「歓喜」

J-CASTニュース 8月30日(火)16時49分配信

 「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の裏番組の時間帯にNHK Eテレが放送した「バリバラ」の再放送が近くある。同番組は障害者情報バラエティーで、当日の放送では、出演者らが「24時間テレビ」そっくりの黄色のシャツを着たり、「24」のマークを画面に映したりし、24時間テレビを強く意識した作りになっていた。

 24時間テレビをパロディー化しつつ、障害者を「感動」の道具として扱う「感動ポルノ」という言葉を紹介。その挑戦的とも言える姿勢に、放送中からツイッターなどで「すごい番組」と注目を集めていた。見逃した人からは「見たかった」との声も上がっていた。

■「障害者×感動」の構図にメス

 2016年8月28日夜に流れた「バリバラ」では、「検証!『障害者×感動』の方程式」とテーマを掲げ、24時間テレビをはじめとするメディアに登場する従来の障害者像に疑問を投げかけた。

 同日の放送(19時~19時30分)直後の20時台には、「YAHOO!リアルタイム検索」で、「バリバラ」が3位、「感動ポルノ」が4位となり、24時間テレビを上回るほどの関心を集めた。

 また、ツイッターには

  「(バリバラが)すっごい面白いから見たほうがいいと思う。すごく24時間テレビに喧嘩売ってる(笑)」
  「これはすごい番組だった。ただ喧嘩を売ってるだけじゃなくて、こうした真摯な検証番組の存在は、24時間テレビにとってもプラスになるのでは」

といった声も数多く投稿された。

 こうした様子は、J-CASTニュースも「『24時間テレビ』は障害者の『感動ポルノ』 裏番組のNHK生『バリバラ』に大反響」(8月28日配信)で紹介した。

「目糞、鼻糞を笑う」と批判も

 一方で、ネットで「バリバラ」の内容を知ったものの、番組自体は見逃した人からは

  「24時間テレビよりバリバラ見たかった」
  「いいね...。攻めてるし、それでただ中指立てているわけでもないなんて...。見たかったな」

と残念がる声も上がっていた。

 そんな「バリバラ」28日放送回の再放送が、9月2日0時(1日24時)からある。番組の再放送があるのはいつもの事だが、これまで「バリバラ」を知らかった人の中には、今回の再放送を知って喜ぶ人もおり、ツイッターには、

  「バリバラ、再放送あるそうですーーーーー歓喜!! 」
  「巷で話題になっているNHKバリバラ。再放送あるっぽいから録画しよう」

と注目している。

 勿論、「目糞、鼻糞を笑う」などと、NHKや「バリバラ」に対して批判的な意見も寄せられている。

最終更新:8月30日(火)21時34分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。