ここから本文です

<仮面ライダー>新作「エグゼイド」主人公は初の医師 “ジュノンボーイ”飯島寛騎を起用

まんたんウェブ 8月30日(火)14時18分配信

 10月からスタートする特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーエグゼイド」に2015年の「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いた飯島寛騎(いいじま・ひろき)さんが主演することが決定。主人公の仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢(ほうじょう・えむ)はシリーズ初の医師で、若きドクターたちが仮面ライダーに変身し、謎の“ゲームウイルス”と戦うという斬新な設定になることが30日、明らかになった。

【写真特集】初々しい新キャスト&ヒロイン集結 話題の斬新過ぎるライダーも登場

 また、仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩(かがみ・ひいろ)役で瀬戸利樹(せと・としき)さん、仮面ライダースナイプ/花家大我(はなや・たいが)役で松本享恭(まつもと・うきょう)さん、ヒロインの仮野明日那(かりの・あすな)/ポッピーピポパポ役に松田るかさん、檀黎斗(だん・くろと)役で岩永徹也(いわなが・てつや)さん、九条貴利矢(くじょう・きりや)役で小野塚勇人(おのづか・はやと)さん、パラド役で甲斐翔真(かい・しょうま)さんが出演することも決定。町井祥真(まちい・しょうま)さん、博多華丸さん、野村宏伸さんの出演も分かった。

 30日に東京都内で開かれた制作発表会見に出席した飯島さんは「主役ということもあり、最初はすごいプレッシャーを感じたんですが、同時にものすごい喜びを感じました。子供のころから憧れていた仮面ライダーになれるというのは感動でした」とオファーを喜び、「どんなことにもまっすぐなキャラクターです。初めての出演となりますが、これから精いっぱい務めさせていただきますのでよろしくおねがいします」と初々しく意気込んだ。

 今回の仮面ライダーは外見も話題になっているが、飯島さんは「斬新だなと思いました。かわいいな、ゆるキャラみたいだなと思いましたね。今までの仮面ライダーっぽくないなとは思いましたね」と告白。アクションにも初挑戦するが、「まあまあ自信あります。運動部に入っていて体動かすことは得意。転ぶシーンや体当たりしたりするシーンとか、ぜひ注目してみてください。バスケと陸上をやってましたね。自信あります」と照れ笑いしつつアピール。「仮面ライダー史上一番記憶に残る作品にしたいと思います」と力強く語っていた。

1/2ページ

最終更新:8月30日(火)20時24分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。