ここから本文です

今秋韓国で日本映画が相次ぎ公開 ヒットなるか

聯合ニュース 8/30(火) 7:01配信

【ソウル聯合ニュース】心に響く日本映画3本が韓国で相次いで公開される。

 来月29日公開の「リップヴァンウィンクルの花嫁」は「ラブレター」で韓国に日本映画ブームを起こした岩井俊二監督が「花とアリス」以来、12年ぶりに日本で製作した長編映画。

 現実に適応できない派遣教員の皆川七海(黒木華)が交流サイト(SNS)で里中真白(Cocco)などと知り合ったことから始まった日々を描く。

 岩井俊二監督の「ラブレター」は韓国では1998年の日本文化開放後に公開され、観客動員数140万人を達成。映画の中の「お元気ですか」というセリフが流行するほどの人気作となった。

 来月21日に公開される土井裕泰監督の「ビリギャル」は問題児の工藤さやか(有村架純)が坪田先生(伊藤淳史)と出会い、名門大学への進学に挑戦することになるストーリー。

 土井監督は「いま、会いにゆきます」で16万7000人、「涙そうそう」で11万3000人の観客を動員するなど、韓国でもファンが多く、実話を元にした「ビリギャル」にも期待が集まっている。

 韓国でも人気の小説家、吉本バナナの作品を原作にした「海のふた」(豊島圭介監督)は都会での生活に疲れ、実家のある海辺の町に戻ったまり(菊池亜希子)とやけどと共に心に傷を抱えて暮らすはじめ(三根梓)がかき氷店を切り盛りしながらそれぞれの道を探す物語。来月末に公開される予定だ。

最終更新:8/30(火) 9:20

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]