ここから本文です

日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

レスポンス 8月30日(火)8時0分配信

日産自動車は、東京・銀座に新しい日産ブランドの発信拠点「NISSAN CROSSING (ニッサン クロッシング)」を9月24日にオープンすると発表した。

[関連写真]

1963年8月から50年以上にわたり銀座で親しまれてきた「日産ギャラリー」は、入居するサッポロ銀座ビルの再開発に伴い2014年より一時休館。今回、同ビルが銀座プレイスとして9月24日にオープンすると同時に、日産ギャラリーも日産ブランドをグローバルに発信する新拠点「NISSAN CROSSING」として生まれ変わる。

NISSAN CROSSINGは、来場客に「ワクワクする未来のドライビング体験」を提供。最先端テクノロジーを搭載したクルマの展示のほか、センターステージでのプレゼンテーションや、大型タッチスクリーンでの情報発信など、クルマとヒトと社会との新しい関係を体験できる「ニッサン インテリジェント モビリティ」の発信拠点となる。

デザインテーマは「Spiral」。感動や体験、過去から現在そして未来へと紡がれるカスタマージャーニーをシンボリックに表現した。この「Spiral」は季節や時間、イベントに合わせて様々に色の表情を変え、動きのある空間を創出。従来の建築設計では不可能だった造形を、自動車の設計にも使われる最新のデジタルプロセスを用いることで実現した。

また、銀座4丁目交差点に面した2階のガラス面にはLEDを組み込み、革新的なファサードが有機的に変化していく「バーチャル ファサード」で街を彩るほか、カフェやブティックなど、来館客がゆっくり過ごせるスペースもあわせて提供する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月30日(火)8時0分

レスポンス