ここから本文です

元「りあるキッズ」安田が明言 元相棒提訴と新コンビでの野望

東スポWeb 8月30日(火)10時3分配信

 解散したお笑いコンビ「りあるキッズ」のボケ担当だった安田善紀(30)が27日に東京・神保町花月で「りあるキッズ安田 芸能生活20周年記念公演」を行った。本紙は7月24日付の1面で、安田が元相方の長田融季(31)に300万円を貸したまま返済されず、連絡も取れなくなっていることを報じた。この時安田は「提訴を検討している」とも話した。

 本紙の報道から1か月以上経過したが、安田は「まだ長田くんと連絡は取れてません。目撃情報とかも寄せられてない。ただ提訴の準備は着々と進めてます。やっぱり、社会的制裁は加えないと」と明かした。

 記念公演では、新しい相方・浜田ツトム(42)と結成した新コンビ「閃光少女」として漫才を披露。このコンビは今年の「M―1グランプリ」にエントリーしており、すでに1回戦を突破している。

 浜田は、人気お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の創設メンバーでもある。「一緒に活動したのは1年くらい。僕だけ抜けたのはケンカしたわけではないです。もともと彼らは2人でやってましたし、3人でやって気付けたこともあったので」(浜田)

 サンドウィッチマンは2007年のM―1で優勝し、一気に売れっ子となった。浜田は「僕らも優勝、とまで大それたことは言いませんが、決勝には行きたいな、とは思ってます」と闘志を燃やしている。

 現在、浜田はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)の所属だが、近いうちに安田と同じ吉本興業所属になる見込み。安田は「吉本の劇場で活動できるようになれれば」と意欲を見せた。

 また新しい相方については「あまりほめるのもイヤですが、りあるキッズと比べるとツッコミの腕は雲泥の差があると思ってます。長田くんのことは、ずっと『ヘタやなあ』と思ってたんで」と手ごたえを感じている様子だった。

最終更新:8月30日(火)10時16分

東スポWeb