ここから本文です

美内すずえ監修×DLE制作の「ガラスの仮面」スピンオフ作品が10月3日放送開始!

映画.com 8月30日(火)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 美内すずえ氏原作の長寿少女漫画「ガラスの仮面」のスピンオフ作品となるショートアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が、10月3日から放送されることが決定した。同作は美内氏が監修、「秘密結社 鷹の爪」で知られるDLEがアニメーション制作を手がけ、現代社会を風刺するギャグを盛り込んだ学園ドラマが展開される。さらにキービジュアルとティザームービーも完成し、おなじみの登場人物たちがミニキャラクター化された、キュートなキャラデザインが披露された。

【フォトギャラリー】「3ねんDぐみガラスの仮面」キャラクター画像

 1976年に「花とゆめ」(白泉社刊)で連載を開始した原作漫画「ガラスの仮面」は、単行本の累計発行部数が5000万部を超える人気作。伝説の舞台「紅天女」を演じるため、演劇の道を極めようとする少女・北島マヤや、ライバルの姫川亜弓の姿を描く。今作では、原作漫画の主要キャラクターが現代にタイムスリップし、高校生として学園生活を繰り広げる。

 キャストはマヤを阿澄佳奈、亜弓を大久保瑠美、伝説の女優・月影千草を田中敦子、マヤに思いを寄せる桜小路優を梶裕貴、速水真澄を小野大輔が担い、FROGMANがナレーターを担当する。原作とは異なる作風となるため、声優陣は「いろんな意味でみなさんの想像を超えた『ガラスの仮面』を楽しんでいただけるように全力でぶつかります!」(阿澄)、「今回ミニキャラでギャグ中心ということで、私も一緒に楽しみたいと思います!」(大久保)、「僕のイメージする『ガラスの仮面』とは少し…いや、かなり違う世界観でした(笑)。キャラクターの持つ熱量は変わらずでした!」(梶)とアピール。さらに、キザなキャラクターの真澄を演じる小野も「誰もが知る不朽の名作に参加できること、光栄に思います。期待しててくれよ、おチビちゃん」と早くもノリノリだ。

 「3ねんDぐみガラスの仮面」はTOKYO MXで10月3日から毎週月曜午後9時55分放送。ティザームービーは公式YouTube(https://youtu.be/BWNBCb4dzUQ)で公開中。

最終更新:8月30日(火)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。