ここから本文です

【UFC】トップファイターのコンディットが引退示唆

イーファイト 8/30(火) 17:11配信

 8月27日(土・現地時間)に開催されたMMA(総合格闘技)『UFC on FOX 21』のメインイベントにて、デミアン・マイア(ブラジル)に1Rで一本負けを喫した元UFCウェルター級暫定王者カーロス・コンディット(アメリカ)が、試合後に引退をほのめかしている。

【フォト】マイアに絞め落とされるコンディット

 コンディットは「10年近く、トップファイターの一人であるというプレッシャーの中にいたことは素晴らしいと思う。この競技を愛していたが、これ以上、ここにいるべきか分からない」と試合後に行われた会見で発言した。

 しかし、一方では「こういった負け方をして去るのは嫌だよ。少なくとも、自分が本来見せているようなエキサイティングな戦いを最後にしたいとは思っている。でも、それが出来るかどうかが分からない。これで終わる方に傾いている自分もいる」とも話しており、まだ迷いがある様子もうかがえる。

 現在32歳のコンディットは2002年にプロデビュー。2007年にWECウェルター級王座、2012年にUFCウェルター級暫定王座を獲得するなど活躍。これまでに40戦30勝10敗のMMA(総合格闘技)戦績を収めており、そのうち15勝がKO・TKO、13勝が一本という高い決定力を誇ってきた。しかし、トップファイターとの対戦が多い中、怪我の影響もあり、2014年からの4試合では1勝3敗の戦績。

 特にコンディットの心境に影響したのが今年1月のUFCウェルター級タイトルマッチ。当時の王者ロビー・ローラーに挑戦し、激闘の末に判定2-1で涙をのんだが、この試合後にも「ベルトを獲ったら闘い続けるつもりだったが、獲れなかったので続けるかどうか考えなきゃいけない」と引退を示唆していた。今回マイア戦は再起を懸けた一戦であったが、本来のパフォーマンスを発揮できずに1Rで敗れたことで、引退への気持ちが一層増しているようだ。

PHOTO=Zuffa, LLC (c) / GettyImages (c).

最終更新:8/30(火) 17:11

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]