ここから本文です

SMAPファン、政府巻き込む暴走 解散阻止へ「官邸HPに要望を!」

J-CASTニュース 8月30日(火)18時7分配信

 「SMAPの解散は、やっぱり受け入れられない」。ツイッターでは今、ハッシュタグ「#SMAPは終わらせない」などを中心として解散阻止のための活動や情報交換が行われている。

 そこでは、新聞の投書欄に思いを投稿しようとか、CDやDVDを購入しようなどといった様々な取り組みが行われているが、中にはトンデモなものがあるとして批判されている。それは首相官邸HPにある「ご意見募集」に要望を送ろうというものだ。官邸の担当者は「迷惑でしかない」と不機嫌そうだった。

■「日本国民として書いても良いのではないでしょうか」

 問題の呼びかけは2016年8月19日、

  「今回のSMAP解散騒動、日本国民として意見要望を書いても良いのではないでしょうか。 内閣府へは此方へ 東京都へは此方へ」

とツイートされた。「内閣府」とされるURLをみると、首相官邸HPの「ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご要望)」に繋がっている。「東京都」のURLをクリックすると「アクセス制御」の文字が出て繋がらない。提案者がどうして「SMAP」の解散阻止を官邸に訴えようとしたのかは不明だが、おそらく国民的アイドルであることや、ひょっとしたら政治の力を使って芸能界に圧力をかけてもらおうとしたのかもしれない。16年8月30日17時現在のリツイート数は約300で、それなりに賛同者はいるようだが、ネット上ではこの呼びかけに対し「SMAPファンの奇行」だとして批判が噴出している。掲示板には、

  「措置入院で」
  「これでまたSMAP解散したら安倍のせいになるんかw」
  「ジャニオタあほすぎワロスwwww これはひどいwwww 自分でおかしいの気づかないってどんだけwwww」
  「国の力で解散させないとしても当のSMAP本人達のモチベーションはどうなの? 無視なの?」

などといった書き込みが掲示板に出た。

 J-CASTニュースが8月30日、官邸HPの「ご意見募集」担当者に取材したところ、まず、こうした運動があるというのは初めて聞いた、とし、

  「そもそも官邸はジャニーズ事務所ではないし、SMAP解散とは何の関係もない。笑い事でもないし本当に意味が分からない。メールや電話をしてこられても迷惑でしかない」

とかなりの立腹だった。「SMAP」を解散させたくない熱意は伝わるが、的外れな企画だったようだ。

メンバーのラジオ番組に要望書を出すという計画も

 ツイッターのハッシュタグ「#SMAPは終わらせない」などで現在も解散を回避するための呼びかけや情報交換が盛んだ。ここ最近の話題としては、毎日新聞の川柳欄に、

  「スマップが居なくなるのか我が老後」

という川柳が掲載された、と喜んでいたり、各メンバーのラジオ番組にグループ活動存続の要望書を出そう、といった呼び掛けがあったりする。そして、

  「もうSMAPは解散決まってるから、ファンが何しても駄目でしょうと思ってる人達が居るが、諦めません。前例が無ければ作れば良い。SMAPがそうして来た様に」

といったツイートが出ている。

最終更新:8月30日(火)21時31分

J-CASTニュース