ここから本文です

加古川にボルダリングジム「火の玉wall」 高さ4メートルの人工壁設置 /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 8月30日(火)7時35分配信

 加古川にボルダリングジム「火の玉wall」(加古川市平岡町高畑、TEL 090-4767-3126)オープンして4カ月がたった。(加古川経済新聞)

店主の遠藤允寿さん

 店内の約80坪にマットを敷き詰め、「ホールド」と呼ばれる突起が設けられた高さ約4メートルの人工壁を設置する同ジム。登るルートの難易度は、テープの色の違いで表示しており、利用者は指定されたホールドをつかみながら目的のルートを登る。

 店主の遠藤允寿さんは「単純に壁を登るという非日常の動きが楽しい。自分にあったコースを設定でき、自分の限界より少し難易度の高いものをクリアしたときはパズルが解けた時のような感覚と達成感がある」と話す。

 「ボルダリングは人と競わなくてもいい。登るのは1人だが同じぐらいの実力の人と一緒に登ることで、感覚を共有することも楽しみの一つ。年齢も性別も関係なく楽しめるので、ぜひチャレンジしてほしい。体験してもらえれば面白さを感じてもらえる」と話す。

 営業時間は、月曜=18時~22時30分、火曜~日曜・祝日=14時~22時30分。料金は、大人1日=2160円。学生1日=1620円。レンタルシューズ=540円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月30日(火)7時35分

みんなの経済新聞ネットワーク