ここから本文です

〔台風10号〕きょう30日午後に暴風域を伴い東北地方上陸へ 広い範囲で記録的大雨のおそれも(8/30)

レスキューナウニュース 8月30日(火)5時30分配信

気象庁は30日朝、「平成28年 台風第10号に関する情報 第99号」および「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第7号」をそれぞれ発表しました。
06:00現在、銚子市の東南東約330kmの海上にある強い台風10号は、時速30kmの速さで北に進んでいます。きょう30日午後には暴風域を伴ったまま強い勢力で東北地方に上陸するおそれがあり、31日には日本海へ抜ける見込みとなっています。
北日本や東日本では非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降るほか、北日本では海上を中心に猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる見込みです。特に東北地方では、平年の8月1ヶ月分の降水量を上回るような記録的な大雨となるおそれがあります。北日本や東日本では、大雨、暴風、うねりを伴う高波、低地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害、高潮に厳重に警戒し、最新の台風情報や気象情報に留意してください。
また、寒気を伴った気圧の谷が日本海上空に停滞しています。近畿地方と東海地方では大雨の峠は越えましたが、東海地方では午前まで激しい雨の降るところがある予報となっています。近畿地方、東海地方では引き続き、土砂災害、低地の浸水、河川の増水、落雷、突風に注意してください。

■今後の見通し
<大雨>
【予想1時間雨量】(30日/多い所)
・80mm 岩手県、宮城県、福島県
・60mm 青森県、秋田県、山形県
・50mm 茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、伊豆諸島
・40mm 北海道(十勝、胆振・日高、石狩・空知・後志、渡島・檜山地方)、埼玉県、東京地方、神奈川県、山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県

【予想24時間雨量】(~31日06:00/多い所)
・350mm 岩手県(沿岸)
・300mm 宮城県(西部)、山形県、福島県(浜通り・中通り)
・250mm 北海道(十勝地方)、秋田県、岩手県(内陸)、宮城県(東部)、福島県(会津)
・200mm 北海道(渡島・檜山地方)、青森県(三八上北)
・180mm 北海道(釧路・根室、胆振・日高地方)、青森県(下北)
・150mm 北海道(石狩・空知・後志地方)、青森県(津軽)
・120mm 北海道(上川、北見地方)、新潟県
・100mm 北海道(網走・紋別地方)、茨城県、栃木県、群馬県、東京都、長野県、富山県

<強風>最大風速(最大瞬間風速)(~31日)
・35m/s(50m/s) 東北地方
・30m/s(45m/s) 北海道地方
・23m/s(35m/s) 関東地方

<高波>(~31日)
・10m 東北地方
・ 8m 北海道地方、関東地方

■防災事項
<北日本・東日本>
厳重警戒:土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害、暴風やうねりを伴う高波、高潮による浸水や冠水
注意  :落雷や竜巻などの激しい突風

<近畿地方・東海地方>
注意  :土砂災害、低地の浸水、河川の増水、落雷、突風

※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

◆用語解説「猛烈な雨」
・1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

レスキューナウ

最終更新:8月30日(火)7時0分

レスキューナウニュース