ここから本文です

さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表

MarkeZine 8/30(火) 10:30配信

さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表

画像

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネットと、ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートするABEJA(アベジャ)は、2014年7月に締結した業務提携の一環として、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、2016年冬を目処に両社のサービス利用者に提供を開始する。

 さくらインターネットは、通信環境とデータの保存や処理システムを一体型で提供するIoTのプラットフォーム「さくらのIoT Platform 」を2016年度中に提供するため開発を進めている。同サービスは、「さくらのIoT通信モジュール」とキャリアネットワークを接続した閉域網を用意し、ストレージやデータベースなどのバックエンド、外部のクラウドやアプリケーションサービスと連携できるAPIまでを垂直統合型で提供する。

 すでに正式サービスに先駆け、2016年4月より「さくらのIoT Platform α」の提供を開始しており、2016年10月には、「さくらのIoT Platform β」の提供を進める予定。

 一方、ABEJAは、蓄積されたビックデータからデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供している。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の100店舗以上に導入してきた。

 今回の連携はインターネットを介さずに、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をセキュアかつダイレクトにAPI連携することで、両プラットフォームのサービスを一括して広く提供することを目的に行われた。

 これによりさくらインターネットは、「さくらのIoT Platform」を利用する顧客に、API経由で簡単に「ABEJA Platform」に接続し、「さくらのIoT Platform」に蓄積されたデータを有効活用することができる。

最終更新:8/30(火) 10:30

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。