ここから本文です

石川遼は世界ランク57ランクアップ!松山英樹は変動なし

ゴルフ情報ALBA.Net 8月30日(火)11時33分配信

<男子世界ランキング>

 28日付男子世界ランキングが発表され、国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー通算14勝目を挙げた石川遼は前回の197位から57ランクアップの140位となった。米国男子プレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」で予選落ちを喫した松山英樹は前回と変わらず16位をキープ。日本勢は67位の谷原秀人、96位の池田勇太が続いている。

復活優勝を決めて抱き合う石川遼

 ランキング上位では「ザ・バークレイズ」でツアー通算5勝目を挙げたパトリック・リード(米国)が9位に浮上。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ダスティン・ジョンソン(米国)らトップ5に変動はなく、6位にアダム・スコット(オーストラリア)が浮上している。

【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(14.42pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(10.75pt)
3位:ジョーダン・スピース(10.10pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(9.22pt)
5位:ローリー・マキロイ(8.84pt)
6位:アダム・スコット(6.71pt)
7位:バッバ・ワトソン(6.67pt)
8位:リッキー・ファウラー(6.24pt)
9位:パトリック・リード(6.15pt)
10位:ジャスティン・ローズ(5.84pt)

16位:松山英樹(4.46pt)
67位:谷原秀人(2.02pt)
96位:池田勇太(1.58pt)
140位:石川遼(1.19pt)
141位:片山晋呉(1.18pt)
148位:藤本佳則(1.13pt)
154位:宮里優作(1.07pt)

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月30日(火)11時38分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]