ここから本文です

<永野芽郁>肩出し白ドレスで「大人になった気分」 レッドカーペットで華やかに

毎日キレイ 8月30日(火)22時20分配信

 女優の永野芽郁さんが30日、東京国立博物館(東京都台東区)で行われた映画「キング・オブ・エジプト」(アレックス・プロヤス監督)のジャパンプレミアイベントに登場した。永野さんは肩を出した白のドレス姿という装いで、ジャパンプレミアにふさわしい華やかなファッションを披露。同作で主人公の恋人のザヤ役を務めたコートニー・イートンさんもぴったりと体にフィットした黒のトップスとスカートというシックなファッションで登場し、観客を魅了した。

【写真特集】永野芽郁、コートニー・イートンらが豪華ドレス姿で……

 ジャパンプレミアイベントには、永野さん、イートンさん、主人公のベック役のブレントン・スウェイツさん、日本語吹き替え版で主人公の声を担当したアイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さんが出席。初のレッドカーペットを経験した永野さんは「ベリーファン!」と笑顔を見せ、「きれいなドレスも着ているので、大人になった気分」と感想を語った。

 「キング・オブ・エジプト」は古代エジプトを舞台に、暴君・セトに奪われた恋人を救うために立ち上がったベックが、巨大ピラミッドの迷宮やスフィンクスの謎かけ、仕掛けだらけの神殿など次々押し寄せる試練に立ち向かい、「神の眼」を盗み出してエジプトの天下取りを目指す……という内容。玉森さんは主人公の盗賊・ベック、永野さんはベックの恋人・ザヤ役の日本語吹き替えを担当する。9月9日から公開。

最終更新:8月30日(火)22時22分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。