ここから本文です

【フィリピン】中国福田汽車現法、自動車工業会に入会

NNA 8月30日(火)8時30分配信

 中国の商用車メーカー、北汽福田汽車(フォトン)の現地法人フォトン・モーター・フィリピン(FMPI)がこのほど、フィリピン自動車工業会(CAMPI)に加入した。29日付スターが伝えた。
 FMPIのロメル・シティン社長が、先月にCAMPIの承認を得たことを明らかにした。フォトンは中国では首位の商用車メーカー。フィリピンでは、ピックアップトラック、バン、トラックなどを販売している。フィリピンの小型トラック部門では2位の販売台数で、パンパンガ州クラーク自由港で年産能力1万2,000台の完成車組み立て工場を今年2月に稼働した。
 昨年のフィリピンでの販売台数は3,892台で、今年は前年比41%増の5,500台の販売を目標に掲げている。
 CAMPIは、現地生産メーカーを中心とする業界団体で、トヨタ自動車、三菱自動車、いすゞ自動車、ホンダ、日産自動車の現法と、独BMW、韓国の起亜自動車と大宇バスの代理店8社が正会員として加盟。マツダの販売代理店ベルジャヤ・オート・フィリピン(BAP)など6社が準会員となっている。

最終更新:8月30日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。