ここから本文です

赤いあいつ「レッドマン」LINEスタンプ 会話にレッドアロー!

アスキー 8月30日(火)12時52分配信

「レッドマン」全138話、総尺約6時間の本編の中から「これぞレッドマン!」というシーンを選りすぐってLINEスタンプ化。

 ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスは8月30日、「レッドマン」のLINEスタンプを配信開始した。「LINE」アプリ内の「スタンプショップ」「LINE STORE」にて購入可能。購入するには120円、もしくは50LINEコインが必要。
 
 全138話、総尺約6時間の本編の中から「これぞレッドマン!」というシーンを選りすぐってLINEスタンプ化したとしている。レッドナイフやレッドアローなどの必殺技はもちろん、ウルトラマンシリーズのそれとはちょっと違った個性のペギラやカネゴンらの怪獣たち、戦いの舞台でおなじみの砂浜や崖なども再現。
 
 レッドマンは、円谷プロダクション制作の特撮コーナードラマ。今年で放送開始50年を迎える「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の当初の企画名でもあった。初登場は1972年。ウルトラマンの名を譲り受けた正義の超人として日本テレビ系列「おはよう!こどもショー」のワンコーナーで放送された。
 
 円谷プロ公式YouTubeチャンネル「ウルトラチャンネル」でリバイバル配信が実施されており、シンプルかつ妥協のない戦いぶりなどが、ネット上で話題を呼んでいる。
 
 
文● コジマ

最終更新:8月30日(火)12時52分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]