ここから本文です

新「スパイダーマン」のメリー・ジェーンをめぐる噂で論争

映画.com 8月30日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 現在撮影中の「スパイダーマン ホームカミング」で、歌手で女優のゼンデイヤが主人公ピーター・パーカーの恋人メリー・ジェーン・ワトソンを演じているという噂が駆けめぐっている。

 同作は、サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の「アメイジング・スパイダーマン」シリーズに続く、3度目の映画化。主人公のスパイダーマンことピーター・パーカー役を「インポッシブル」のトム・ホランドが務め、「クラウン」で知られる新鋭ジョン・ワッツ監督がメガホンをとっている。

 同作に出演中のゼンデイヤの役どころが、かつて「スパイダーマン」シリーズでキルステン・ダンストが演じたメリー・ジェーンだという噂をLatino Reviewが報じると、ファンのあいだで論争が巻き起こった。原作のメリー・ジェーンは赤毛の白人だが、ゼンデイヤが黒人女性であるためだ。

 噂の真偽に関して製作するマーベル・スタジオはコメントを控えるなか、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督が自身のFacebookを通じて論争に参戦。ゼンデイヤの役どころは知らないとしながら、「僕にとってMJ(メリー・ジェーン)をMJたらしめているのは、リーダーシップがあり遊び心がある点。もし演じる女優がその要素を持っているのであれば、うまくいくと思う。もしも、あるキャラクターの主な特徴、そのキャラクターを象徴するものが、肌の色や髪の毛の色だとしたら、そのキャラクターは浅くてつまらないと思う」とキャスティングを支持するコメントを発表した。

 「スパイダーマン ホームカミング」は、2017年8月11日に公開予定。

最終更新:8月30日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。