ここから本文です

澤穂希さん 現場復帰は当分なし

東スポWeb 8月30日(火)11時21分配信

“澤ジャパン”の誕生はしばらく先か。福島県は29日、都内のJFAハウスで同県にあるナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」の復興計画の会見を行い、元なでしこジャパンの澤穂希さん(37)が出席した。

 Jヴィレッジは東日本大震災以降、福島第1原発事故の対応拠点として利用された。2018年夏の営業再開を目指しているが、その際に全天候型練習場の建設を予定。総工費22億円のうち15億円はtoto助成金で賄い、残り7億円を個人や団体、企業から寄付を募ることが発表された。澤さんは「再開したらたくさんの選手が合宿をして世界で活躍してほしい」と復興に期待を寄せた。

 選手として過ごしたJヴィレッジに今度は指導者としての再訪も待ち望まれるが「まだこれから出産を控えているし、子育てもある。今すぐは考えられない」と、当面は来年1月予定の第1子出産とその後の育児に専念。少なくとも5~6年は現場復帰の意思はなく、20年東京五輪で女子日本代表を指揮することはなさそうだ。

最終更新:8月30日(火)11時26分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]