ここから本文です

金持ち企業ランキング 1位は4年連続で、あの企業

ZUU online 8/30(火) 8:10配信

キャッシュリッチな企業というと、M&Aに動いたり、既存事業や新規事業に資金投入したり、はたまた株主に還元するなど、投資家の注目が集まりやすい。そこで参考なるのが、与信管理支援会社リスクモンスター <3768> が、発表した「金持ち企業ランキング」だ。

東京商工リサーチの企業情報を活用している同ランキングは、今回で4回目となる。2016年6月28日時点で開示されていた2016年3月期決算以降を反映しており、金融機関を除く決算短信提出企業3011社が対象となっている。

■2016年のベスト20の顔ぶれは?

ランキングのベスト20を見てみると、1位は調査開始以来、トップに君臨するファナック、2位以下は下記のとおりである。ランキングの評価は、現預金から長期・短期の借入金や、社債、割引手形などの債務を差し引いた「ネットキャッシュ」の多寡から算出されている。()内は前回との変動額である。

1位  ファナック <6954> 山梨県 6866億円 (▲1846億円)
2位  キャノン <7751> 東京都 6320億円 (▲2104億円)
3位  信越化学工業 <4063> 京都府 5838億円 (1295億円)
4位  任天堂 <7974> 京都府 5704億円 (357億円)
5位  三菱自動車工業 <7211> 東京都 4262億円 (419億円)
6位  SMC <6273> 東京都 3634億円 (▲826億円)
7位  日本航空 <9201> 東京都 3523億円 (390億円)
8位  京セラ <6971> 京都府 3412億円 (11億円)
9位  富士重工業 <7270> 東京都 3375億円 (4355億円)
10位  パナソニック <6752> 大阪府 2884億円 (▲375億円)

11位  ローム <6963> 京都府 2809億円 (2億円)
12位  リクルートHD <6098> 東京都 2427億円 (▲344億円)
13位  富士フィルムHD <4901> 東京都 2352億円 (▲1786億円)
14位  日揮 <1963> 神奈川県 2036億円 2599億円 (▲563億円)
15位  キーエンス <6861> 大阪府 1983億円 (956億円)
16位  シマノ <7309> 大阪府 1801億円 (249億円)
17位  バンダイナムコHD <7832> 東京都 1747億円 (212億円)
18位  大正製薬HD <4581> 東京都 1721億円 (125億円)
19位  三菱電機 <6503> 東京都 1701億円 (▲1808億円)
20位  ヒロセ電機 <6806> 東京都 1647億円 (169億円)

■ファナック・キヤノンはROE重視に舵取り?

1位のファナックと2位のキャノンは前回と同じ顔ぶれだが、注目したいのは2社ともキャッシュを大幅に減らしているという点だ。ファナックが1846億円、キャノンも2104億円のキャッシュ減少である。

キャッシュを多く保有しているということ自体は、必ずしもすべての利害関係者に歓迎されるわけではない。特に上場企業には自己資本利益率である、ROEを高める経営戦略が求められており、とりわけ「当面の投資先がないキャッシュは株主に還元すべきだ」との意見も強くなってきている。ROEはもともと、外国人投資家が注目していた指標であり、2014年のJPX日経インデックス400指数の登場でも注目された。2社とも同指数に選出されている。

実際、ファナックは2015年3月期に連結の配当性向を、30%から2倍の60%に引き上げ、さらに2016年2月には6年半ぶりに自社株買いを実施するなど、ROEを重視する経営に大きく舵を切っている。2位のキヤノンも、2015年にネットワークカメラ世界最大手、アクシスコミュニケーションズを約3300億円で買収、2016年には激しい競争の末に東芝メディカルシステムズを6655億円で買収している。

■三菱自動車は燃費データ不正問題が尾を引く

5位となった三菱自動車においては、2016年4月に発覚した燃費データ不正問題が、業績を直撃している。

全国軽自動車協会連合会が発表した、軽自動車の5月販売台数では、三菱自動車の売上は前年同月比75.0%減と激減している。2017年3月期の業績見通しは、当期利益が1450億円の損失見込みとなっており、エコカー減税に関する追加納税も考えると、今後もネットキャッシュの減少が避けられない見通しだ。

他社の動向もあるが、2017年のランキングでは順位を下げる可能性が否定出来ない。

■任天堂へのポケモンGO効果は?

4位で5704億円の任天堂に関しては、世界中で話題となっているポケモンGOの影響が気になることころだ。ただ、このソフトは任天堂が配信しているアプリというわけではなく、関連会社である株式会社ポケモンの利益を一部取り込むことによって、はじめて業績に影響が及ぶ。

株価が急騰するなどの過熱ぶりには、任天堂自身が「業績への影響は限定的」と公式発表するほどの騒ぎになっている。だが、キャッシュフローの面でマイナス要素があるわけではなく、同社にとっての大きなプラス要因であることに間違いはないだろう。

今後は2016年9月のウェアラブル端末「Pokemon Go Plus」発売の影響も気になるところだが、一時4500万人いたとされるユーザーが、3000万人ほどに落ち着いているとのデータもあり、大幅なジャンプアップは期待しにくい。

為替や景気動向にも大きく左右される企業のネットキャッシュ。来年もファナックが1位記録を更新するのか、はたはた他社が猛追するのか今後も要注目である。(ZUU online編集部)

最終更新:8/30(火) 8:10

ZUU online

チャート

リスクモンスター3768
783円、前日比-24円 - 12/2(金) 14:50

チャート

ファナック6954
19450円、前日比-65円 - 12/2(金) 15:00

チャート

キヤノン7751
3301円、前日比+17円 - 12/2(金) 15:00