ここから本文です

ダニエル・ラドクリフ、再度ブロードウェイ出演を熱望

cinemacafe.net 8月30日(火)14時30分配信

ダニエル・ラドクリフがまたブロードウェイミュージカルのステージに立つことを熱望しているようだ。

【写真】ダニエル・ラドクリフ/フォトギャラリー

ミュージカル「努力しないで出世する方法」でその舞台を経験したダニエルは、ブロードウェイのステージが大変であることを認めながらも、望む役柄が回って来て再度出演できる日を待ち望んでいるという。

ダニエルは「USA Today」紙のインタビューで「すべては完璧な役柄を見つけられるかってとこ次第だと思うんだ。だってあんなに長くやるためには大好きじゃないと無理だろ。それにすごく大変な仕事だしね。俳優の仕事の中で一番大変なのはブロードウェイのミュージカルだといまでも思っているね」と語った。

ダニエルはこれまでに「エクウス」や「夢の島イニシュマーン」でも舞台に立っている。

そんなダニエルを有名にした「ハリー・ポッター」シリーズの舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」がロンドンで上演されているが、ダニエルは自身の存在により舞台からの注意をそらしてしまう可能性があるため、劇場に足を運ぶかは分からないと先日語っていた。

(C) BANG Media International

最終更新:8月30日(火)14時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。