ここから本文です

koma’nの新作は“現代ポップス”を表現、作詞家zoppらとコラボレーション

CDジャーナル 8/30(火) 19:14配信

koma’nの新作は“現代ポップス”を表現、作詞家zoppらとコラボレーション

koma’nの新作は“現代ポップス”を表現、作詞家zoppらとコラボレーション

 「ニコニコ動画」に作品を投稿したことからそのキャリアをスタートさせ、4人組ヴォーカル・グループROOT FIVEのリーダーであり、詩集「妄想ポエム」を発表するなど多彩な活動を展開しているシンガー・ソングライターkoma'n(こまん)が、ソロとして約10ヵ月ぶりとなる新作を11月23日(水)にリリースします。

 インストも含む全7曲収録のミニ・アルバムとなる今作は、作詞に、修二と彰「青春アミーゴ」や山下智久「抱いてセニョリータ」などを手がけた作詞家のzopp(3曲担当)と、「ヒロイン失格」「センセイ君主」などの作品で知られる漫画家の幸田もも子(1曲担当)が参加しており、ジャケットは、サラリーマンが空を飛ぶ姿を撮影した「ソラリーマン」、女子校生をフィーチャーしたした「school girl complex」シリーズの写真家、青山裕企を起用するなど豪華コラボレーションが実現。作曲 / 編曲は全てkoma'nが手がけ、“現代ポップス”を表現した内容となっているとのこと。収録曲など詳細は随時発表予定です。

最終更新:8/30(火) 19:14

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]