ここから本文です

〈KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS〉日本大会の優勝者が辻本 希さん、海藏亮太さんに決定

CDジャーナル 8/30(火) 19:14配信

〈KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS〉日本大会の優勝者が辻本 希さん、海藏亮太さんに決定

〈KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS〉日本大会の優勝者が辻本 希さん、海藏亮太さんに決定

 それぞれの国と地域の激戦を勝ち抜いたアマチュア・シンガーたちが集い、世界中のカラオケファンが注目する“カラオケ世界No.1決定戦”〈KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016〉(kwcjp.com)。その日本大会決勝戦が8月27日、東京・六本木 ニコファーレにて開催されました。

 昨年より新たにアジア大会がスタートし、同年にシンガポールで行われた世界大会には31ヶ国の国と地域が参加した〈KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS〉。司会をIMALUとZiNEZが務め、ゲスト審査員として八王子Pも参加した今年の日本大会決勝戦には、東京予選、大阪予選を勝ち抜いた男女各10名・計20名が参戦。会場には約150名のオーディエンスが訪れ、ニコニコ生放送では約1万5000人が視聴を記録しました。

 同大会で見事優勝の栄冠を掴んだのは、清水翔太 feat. 仲宗根 泉(HY)「366日」を歌った海藏亮太(かいぞうりょうた)さんと山口ひろみ「知床番屋」の歌唱を披露した辻本 希(つじもとのぞみ)さんの2名。両者は、9月26日(月)から28日(水)まで中国・マカオで開催されるアジア大会、11月1日(火)から6日(日)にカナダ・バンクーバーで開催される世界大会に出場に出場します。

最終更新:8/30(火) 19:14

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]