ここから本文です

「メイプル超合金」がジョーカー&ハーレイ・クインにコスプレ!声優初挑戦も明らかに

映画.com 8月30日(火)14時0分配信

 [映画.com ニュース] DCコミックスの悪役たちが勢ぞろいするアクション大作「スーサイド・スクワッド」の公開直前イベントが8月30日、都内で行われ、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーと安藤なつが、劇中キャラクターのジョーカーとハーレイ・クインになりきった。また、本作の日本語吹き替え版で声優に初挑戦したことも発表された。

メイプル超合金が悪党カップルに変身!「スーサイド・スクワッド」公開直前イベントの模様はこちら!

 百発百中の狙撃手デッドショット(ウィル・スミス)、バットマンの宿敵ジョーカー(ジャレッド・レト)の恋人ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、バットマンたちによって投獄された凶悪犯罪者たちが、減刑と引き換えに政府公認の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成し、命の保障のない危険なミッションに挑むさまを描く。

 ジョーカーとハーレイ・クインのコスプレで登場した2人は「バチバチのアクションにアゲアゲの音楽、しっちゃかめっちゃかなキャラクター。見てから毎晩夢に見て、ほかのことが考えられない」(カズレーザー)、「個々のキャラクターが立っている。ハーレイ・クインの恋愛体質に共感できてキュンキュンしました」(安藤)と絶賛。カズレーザーは「ヒーローで1番格好いいのがコブラだとしたら、悪役で1番なのはジョーカー。今回のジョーカーはギャングスター風でいつもの渋いのとは違う」と自身のコスプレにご満悦。一方「クリソツですね」と自画自賛した安藤には「より3Dが強くなってる」と鋭いツッコミを入れた。

 日本語吹き替え版では、カズレーザーはキラークロック、安藤はジョーカーが襲撃する研究所の職員の妻を演じている。カズレーザーは「結構いい役なんだけど、声がすごいこもっている。加工もされているので、トータルで自分がしゃべってる感じがしない(苦笑)。初音ミクでも成立したんじゃないか」と振り返る。「アフレコのとき、ブースで『ゲッツ!』とやってみたら、すげえウケなかった」と失敗談を明かした。

 “悪党集団”が活躍する本作にちなみ、過去の悪事として「実家で作ったスイカを泥棒した」(安藤)、「捕まえたクワガタに銀色の塗料を塗って『珍しいクワガタだ』と言って妹に500円で売りつけた」(カズレーザー)とローカル色あふれるエピソードを披露したほか、カズレーザーがコンビ名の由来を「全然言葉を覚えなかったペットの九官鳥がある日『メイプル超合金』ってしゃべって『なんだこれ気持ち悪い』と。(安藤)なつさんを見たときに思い出した」と語った。

 「スーサイド・スクワッド」は、9月10日から全国で公開。

最終更新:8月30日(火)14時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。