ここから本文です

小林賢太郎が監督、脚本、キャラ原案、アニメ「カラフル忍者いろまき」劇場公開

お笑いナタリー 8月30日(火)11時20分配信

小林賢太郎が監督、脚本、キャラクター原案を担当したアニメ「カラフル忍者いろまき」が、11月5日(土)より劇場公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「カラフル忍者いろまき」は若手アニメーター育成プロジェクト「あにめたまご2016」の参加作品。テレビ放送時にはカットされたシーンやオープニング、エンディングが追加されたディレクターズカット版として、東京・トリウッド、東京・シネ・リーブル池袋、神奈川・シネマノヴェチェント、徳島・ufotableCINEMA、広島・横川シネマほかにて上映される。オープニング曲とエンディング曲の歌詞は小林の書き下ろし。さらにエンディング曲の振り付けも小林が手がけた。

描かれているのは田舎の大きな忍者屋敷に引っ越してきた小学3年生の姫乃と、彼女を“姫”と勘違いした、炎を操る赤巻、水周り担当の青巻、日曜大工担当の黄色巻ら、色とりどりの忍者たちとの不思議な生活。屋敷に近づく巨大な竜巻から、カラフル忍者は姫乃を守れるのか。赤巻と青巻の分身が合体して混ざると誕生する紫巻の声をキンタロー。が、同様に赤巻と黄色巻で誕生する橙巻の声をアメリカザリガニ柳原が務めている。

最終更新:8月30日(火)11時20分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。