ここから本文です

【全米オープン】大坂なおみ200キロサーブで初出場初勝利

東スポWeb 8月30日(火)11時21分配信

【ニューヨーク29日(日本時間30日)発】テニスの4大大会最終戦、全米オープンが同地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕した。女子シングルス1回戦、世界ランキング81位の大坂なおみ(18)が同30位で第28シードのココ・バンダウェイ(25=米国)を6―7、6―3、6―4で撃破。初出場で初勝利を挙げ、2回戦に進出した。

 第1セットこそタイブレークの末に失ったものの、第2セットから持ち前のパワーが爆発。バックハンドの豪打と、女子選手では数少ない時速200キロを超えるサーブでシード選手を圧倒した。「すごくうれいしい」と言いながらも試合後に不満顔だったのは向上心の表れ。4年後の東京五輪の星は全豪、全仏に続く4大大会勝利で今大会のダークホースに浮上した。

 同32位で第30シードの土居美咲(25=ミキハウス)は同102位のカリナ・ビットヘフト(21=ドイツ)に4―6、1―6で敗れた。男子シングルス第6シードの錦織は30日午前11時(同31日午前0時)にベンヤミン・ベッカー(35=ドイツ)と対戦する。

最終更新:8月30日(火)11時28分

東スポWeb