ここから本文です

相対性理論が新たな主企画ライヴ・シリーズをスタート 第1弾はオマール・スレイマンとの2マン

CDジャーナル 8/30(火) 19:14配信

 今年4月にリリースされた目下最新アルバム『天声ジングル』を携えて7月に開催した東京・日本武道館での自主企画公演〈八角形〉が成功を収めた相対性理論が、新たに自主企画ライヴ・シリーズ〈相対性理論 presents『証明』〉をスタート。第1弾開催となる〈相対性理論 presents『証明I』〉を11月29日(火)、東京・新木場 STUDIO COASTにて行うことが決定しています。

 同公演は、やくしまるえつこがかねてより愛聴し、自身のラジオでも紹介していたオマール・スレイマン(Omar Souleyman)との2マン・ライヴ。スレイマンは中東の民族舞踏“ダブケ”をダンス・ミュージックに昇華したサウンドで、トム・ヨークやビョークも賛辞を寄せるシリアン・テクノ・クリエイター。〈証明I〉での来日にあたり、YouTube(youtu.be/XmVcwm20vU0)ではスレイマンからのビデオ・メッセージが公開されています。

 なお、同公演のチケットは9月6日(火)23:59まで、第2次オフィシャルWEB先行予約を実施中(l-tike.com/st1/sotaiseiriron1129hp)。オフィシャルWEB先行では特典として、券面にやくしまるえつこのイラストをあしらった仕様のチケットとなっています。詳しくはオフィシャル・サイト(mirairecords.com/stsr)にてご確認ください。

最終更新:8/30(火) 19:14

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]