ここから本文です

「東京コミコン」12月2~4日に幕張メッセで初開催!ハリウッドスター来日も予定

映画.com 8月30日(火)14時0分配信

 [映画.com ニュース] ポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2016」の会見が8月30日、都内で行われた。アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏とアメコミ界の巨匠スタン・リー氏が立ち上げた「シリコンバレーコミコン」が、姉妹イベント「東京コミコン」として日本に初上陸。12月2~4日に千葉・幕張メッセで初開催されることが正式に発表された。

【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら

 ウォズニアック氏自身が発起人で、「最新テクノロジーとエンタテインメントの融合」がテーマ。日本の「食」「テクノロジー」「漫画&アニメーション」「ファッション」に焦点を当てたステージ企画や、コスプレ大会、著名人らによるパネルディスカッションなどが展開される。ソニー・ピクチャーズブースでは、「バイオハザード ザ・ファイナル」(12月23日公開)の撮影で実際に使用された、小道具や衣装などを展示する。

 ハリウッドスターの来日も多数予定しており、オーガナイザーのジョン・アルカンター氏は「まだどなたも確定していないですが、確認しているなかでは皆様『ぜひ来たい』とおっしゃっています」。交渉段階だというが、「『アベンジャーズ』『ハリー・ポッター』『スター・ウォーズ』の役者もリストに入っている」そうで、「サンディエゴ・コミコンなどではサインは1時間ですが、東京では(開催期間の)午前10時から午後6時まで何回も会えるような企画や、フォトセッションなどで記念撮影もできるようにします。発表を楽しみに待っていてください」と明かした。

 この日の会見には、「ロード・オブ・ザ・リング」でサウロン役を演じた俳優サラ・ベイカーが出席。「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョボビッチからのビデオメッセージも寄せられ、「『バイオハザード』のプロップや衣装も展示されるわ。シリーズ最終章だから見逃さないで、『バイオハザード ザ・ファイナル』は12月23日、日本が最速公開よ!」とアピールした。

 「東京コミックコンベンション2016」は、12月2~4日に幕張メッセ9~11ホールで開催される。入場料は2500円(予定)。

最終更新:8月30日(火)14時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。