ここから本文です

メッシ、スアレス、ネイマールの控えを受け入れ...新たな挑戦を決意したP・アルカセル

GOAL 8月30日(火)19時13分配信

バルセロナ移籍が間近に迫っているバレンシアFWパコ・アルカセルだが、これまで様々な試練を乗り越えてきたこともあり、世界最高峰の3トップからの定位置奪取という挑戦を決意したのかもしれない。

今夏FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えを務められる選手を探していたバルサ。多くの選手が4番手という状況を嫌がる中で、移籍市場が閉まる直前にP・アルカセルをほぼ手中に収めた。

P・アルカセルは“MSN”と称される3トップとのポジション争いという非常に困難な挑戦に臨むことになる。過去を顧みれば、この男はこれまでもたくさんの試練に直面してきた。当時17歳だった2011年には、父親が心筋梗塞のため亡くなった。バレンシアでは、FWロベルト・ソルダード(現ビジャレアル)、アルバロ・ネグレド(ミドルスブラフ)、ジョナス(ベンフィカ)ら実力に疑いの余地がないストライカー獲得たちとしのぎを削った。スペインの世代別代表では、常にアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)が立ちはだかった。

今からおよそ2年前、P・アルカセルは地元メディアに自身の職業に対する考え方を明かしている。「サッカーは2時間で成り立つものじゃない」「それ以外でいかにトレーニング、体のケア、集中の維持に時間を割くか」「注目されていない場所でも良い振る舞いを見せなければいけない」「そこで本当のプロフェッショナリズムが問われるから」。23歳のストライカーの野心が垣間見える。

バレンシアでの活躍が、スペイン代表への扉を開いた。代表ではバレンシアに所属していることでFWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)の後継者と目された。だがその重圧を跳ね返し、公式戦9試合で6得点。しかしながら、ユーロ2016のメンバーからは外された。

それでも、この夏「第4のFW獲得」と銘打たれたオペレーションで、バルサが選んだのはP・アルカセルだ。P・アルカセルはルイス・エンリケ監督やロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)ら首脳陣の目に狂いがないと証明しなければならない。これまでやってきたように、である。

GOAL

最終更新:8月30日(火)19時13分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。