ここから本文です

先代九重親方の秘蔵っ子・千代翔馬 新入幕を果たす

デイリースポーツ 8月30日(火)6時4分配信

 日本相撲協会は29日、大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)の新番付を発表し、7月31日に先代九重親方(元横綱千代の富士)を亡くしたモンゴル出身の千代翔馬(25)が新入幕を果たした。東京都墨田区の九重部屋で行われた会見では、亡き師匠の教えを胸に勝ち越しを誓った。3場所連続の綱とりに挑む大関稀勢の里(田子ノ浦)は東の正位。高安(田子ノ浦)と宝富士(伊勢ケ浜)が新関脇に昇進した。

 先代九重親方の秘蔵っ子が入門から7年目で新入幕を果たした。千代翔馬は「うれしいです。これから大変だと思いますけど、楽しみにしていたので」と喜びを語った。

 千代翔馬にとって先代は「日本のお父さん」と尊敬する存在だった。自身と同じ小兵だった先代から「体だけじゃなくて頭で相撲を取るんだよ」との教えを受けていた。「毎日、先代の相撲を映像で見ている。天才だと思う。自分もいつか千代翔馬みたいな相撲を取りたいと言われるようになりたい」という。

 部屋を継いだ九重親方(元大関千代大海)は「師匠(先代)が一番ほめた関取」だと明かした。「ウチの関取衆は誰一人ほめられていないんですけど、一番けいこをするのは千代翔馬だと言っていた」と話し、九重親方自身も「気迫を前面に出して相撲っぷりもいい。先先動く頭のいい子」と評価した。

 秋場所の目標は「勝ち越し」と謙虚に語った。親方から「小さいな。言い直せ」と突っ込まれても、「1日1番しっかり取りたい」と控えめだったが、これには理由があり、先代の「1ができなければ2はできない」と教えられたからだ。

 先代がこの世を去って約1カ月。親方は「切り替えるしかない。いいけいこをして、土俵で白星を積み重ねるってことが先代への一番の供養」と弟子に話しているという。亡き師匠の教えを胸に白星を重ねていく。

最終更新:8月30日(火)7時58分

デイリースポーツ