ここから本文です

鼻息荒い大関・稀勢の里 「綱とり」はいつまで続く?

日刊ゲンダイDIGITAL 8月30日(火)11時48分配信

 これで一体、何度目の「綱とり」になるのか。

 大関稀勢の里(30)が来月11日に初日を迎える9月場所に向け、鼻息を荒くしている。番付発表のあった29日は田子ノ浦部屋で会見。先場所負傷した右足も「痛みはない」と話し、「いい状態で初日を迎え、いつも通りにやるだけ。早く自分で(チャンスを)つかまえないと」と続けた。

 もっとも、ファンの多くは半信半疑だろう。ここ3場所は13勝、13勝、12勝。毎場所綱とりが期待されながら、横綱昇進基準の「2場所連続優勝」どころか、そもそも賜杯を抱いたことすら一度もない。

 日本人横綱をつくりたい相撲協会や横綱審議委員会から、「13勝でもいいから優勝を」とハードルを下げられても、それすらクリアできない。昇進基準は下がり続け、今や「とにかく初優勝すればいい!」とまで言われる始末だ。

 いっそ大負けすれば、協会や横審も「一から出直せ!」と叱咤できるものの、安定感だけは抜群なのだから、彼らも諦めるに諦めきれない。

「いつも(白星が)1番足りない状態で終わっていることが多いから、悔いの残らない相撲を取ること」と前を向いた稀勢の里。いつまでも終わらない閉店セールのごとく、綱とりはいつまでも続きそうな気配だ。

最終更新:8月30日(火)11時48分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]