ここから本文です

【インド】ニプロ、インド子会社が8支店を開設

NNA 8月30日(火)8時30分配信

 医療機器大手ニプロは29日、インドの西部グジャラート州アーメダバードなど8カ所に、販売子会社ニプロメディカルインディアの支店を開設したと発表した。2017/18年度(17年4月~18年3月)にも4支店を追加する予定で、インドの隅々までカバーすることで、医療現場のニーズに速やかに応え、末端顧客への商品の迅速・的確な供給の実現を目指す。インド事業の16/17年度の売上高は40億円を見込んでおり、20/21年度に100億円とすることを目標に掲げている。
 新たに支店を開設したのは、アーメダバードの他に、◇南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)◇同ケララ州コーチ◇中部チャッティスガル州ライプール◇同マディヤプラデシュ州インドール◇北部パンジャブ州モハリ◇同ウッタルプラデシュ州ラクナウ◇西部ラジャスタン州ジャイプール――。いずれも倉庫を併設した。ケララ支店は5月、ラジャスタン支店は8月、それ以外の支店は7月に営業を開始した。本社のある南部テランガナ州ハイデラバード、デリー、西部マハラシュトラ州、南部タミルナド州、東部・西ベンガル州の既存支店と合わせて、13拠点とした。
 17/18年度には北東部アッサム、東部のビハール、オリッサ(オディシャ)、ジャルカンドの4州にも支店を開設する予定だ。全拠点が開設されれば、インド全土の96%を営業エリアとしてカバーすることになるという。

最終更新:8月30日(火)8時30分

NNA